食品物流ノウハウ
HOME > 食品物流ノウハウ

経験に基づいた阪井運送の食品輸送ノウハウ

阪井運送では、50年に亘り食品輸送に取り組んできました。

温度管理や湿度管理、輸送品目の多さなど、最も細やかで多岐に渡るニーズを持つものが食品輸送です。

こうした食品輸送を通じて培ったノウハウは、今や阪井運送の財産となっています。その中でも市場を中心とした青果物の輸送にはより多くの経験を持っています。

阪井運送の強み

  • 食品輸送に必要な車両や倉庫の完備

    2層式冷凍車やチルド、冷凍などの温度帯管理が可能な各車両を保有しており、様々な食品輸送ニーズに対応しています。また、それらの食品を安全に預かるチルド冷凍倉庫を完備しており、安心してご依頼頂ける体制を整えています。

  • 青果物扱いの経験豊富なドライバー

    青果物を運ぶ上で車両や倉庫などのハードはもちろん大切ですが、大きなポイントになるのはそれを運ぶドライバーの経験値です。阪井運送では、青果物流の経験を持ったドライバーを多く雇用していますのでトラブルにも速やかに対応できます。

  • 車輌清掃や段ボールへのこだわり

    当然のことではありますが、車輌清掃にはひと際力を入れています。お客さまから預かった食品を更にその先のお客さまに安全に届けるために、全社員が一丸となって清掃に取り組んでいます。また食品を入れる段ボールも商品として大切に取り扱っています。
    例えば、冷凍車両は密室で空気が入れ替わらないため、荷物が入っていない時にはドアを開けて太陽光を当てて殺菌・乾燥させることで清潔さを保っています。